令和5年(2023年)6月3日~5日、勇武館は初めて、第28回宮島嚴島神社奉納古武道演武大会に参加させて頂き、剣術天然理心流をご披露しました。

いらっしゃいませ!ようこそ!
Isami Cafe ~ へ

本日のコーヒーは、ケニア AAです。

 大草原を疾走するシマウマ、マサイ族のイメージで知られるケニアは、赤道直下にある国。コーヒーの産地はナイロビを中心とした広範囲に広がっています。良質な酸味が特徴で、ヨーロッパの国々で高く評価されています。なかでも「AA」は最高級のグレードで、多くのコーヒーファンに愛されています。

 どうぞ、ごゆっくり お楽しみ下さい。

6月3日~5日、勇武館は、ご縁をいただき第28回嚴島神社奉納古武道大会に、参加させて頂きました。演武会場は国宝嚴島神社祓殿。全国から多くの古武道各流派が出場され、勇武館も初めて天然理心流をご披露申し上げました。演武者一同、緊張しながらも精一杯の演武を奉納しました。感動しました。

 6月3日 朝一番の東海道新幹線に乗車予定も前夜の台風、大雨の為、午前中運休。ホームも、コンコースも人、人で身動き出来ない大混雑。正午からようやく運転再開。数本の新幹線を見送って、午後1時過ぎに乗車し、広島へ。在来線、カーフェリーを乗り継いで、予定より9時間遅れて宮島に到着。いささか疲労しましたが、海に浮かぶ大鳥居がライトアップされ、その美しさに一同、思わず歓声。きれいだぁ!

 6月4日、いよいよ嚴島神社奉納古武道演武大会。門人一同気力充実させ大会会場へ。

 正午、嚴島神社本殿に昇殿、厳粛な神事、お祓いを受けた後、大会実行委員長藤江成美先生の開会宣言、名誉会長中丸元夫先生のご挨拶をいただき、参加者全員の記念写真。勇武館門人達も緊張したおもむきで収まりました。

 今回も無双直伝英信流、沖縄小林流古武道、八光流合気武道、神刀正統傳承渡辺流、剛柔流空手道、正傳新陰流など、著名な各流派の演武を拝見できる機会となりました。天然理心流勇武館も気合い充実させ時をまちました。
 
 いよいよ勇武館の演武。

 神殿に一礼。天然理心流 太木刀による「組み太刀 木刀表の形」より演武。各流派の方々が注視する中、裂ぱくの気合いから打ち合う木刀の音が祓殿に響き、天然理心流の本領をご披露しました。強い気組み、気迫に各流派の方々、参拝者の方々も納得されたご様子でした。続いて演武した中極意目録、陰撓の組み太刀形も、打太刀、仕太刀ともに間の合った、上出来の演武でした。

 演武を終え、高まる気を整え神殿に向かい、謹んで感謝の御礼を申し上げました。

 緊張した身体には、大きな満足感がこみ上げ、拳を握って思わず「よぉーしっ!と。江戸試衛館の近藤勇、土方歳三達も「良かった! 良かった!」と安堵の息遣いを感じました。

 大会実行委員長の藤江成美先生から、「ご苦労様でした。来年もぜひ、お越し下さい」との嬉しいお誘いを頂きました。有り難う御座いました。

 夕刻、第28回嚴島神社奉納古武道演武大会も無事、お開き。本日は広島泊まり。ホテル近くの居酒屋で打ち上げ懇親会。感激もあらたに、楽しい雰囲気で祝宴も大いに盛り上がりました。

 6月5日 緊張から解放された3日目は、夕方の新幹線乗車時間まで自由行動。もう一度、宮島嚴島神社へお参りするグループ、広島城など市内散策のグループなどに分かれ、晴れ晴れとした気分で楽しみました。

 天然理心流勇武館に、「令和5年6月4日嚴島神社奉納演武」と言う新しい歴史が刻まれました。
 天然理心流の伝承と発展。そして、日本の伝統文化である古武道の保存に、私共、勇武館も貢献して参る決意をあらたにしました。熱い気持を胸に秘め、夕方の新幹線にて無事に帰京しました。

 今般、初参加の天然理心流勇武館に賜りました、大会関係者の温かいお力添えに心から御礼申し上げます。誠に有り難う御座いました。

 これからも変わらぬご交誼を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA