令和4年5月2日、今年7~9月に福島県立博物館で開催される「新選組展2022ー史料から辿る足跡」で勇武館道場が天然理心流の演武披露を行います。

いらっしゃいませ! ようこそ!
Isami  Cafe ~ へ

 本日のコーヒーは、「キリマンジャロ AA」です。

 甘い酸味と心地よいフルーティーな香り。キリマンジャロAAは、キリマンジャロの山腹で産出されています。ジャスミンに似た香りが漂う真っ白いコーヒーの花、万年雪をいただくキリマンジャロの風景は美しい!!
 「キリマ」は山を、「ジャロ」は輝くの意味です。

 5月2日、福島民有新聞に福島県立博物館で7月23日~9月19日まで開催される「新選組展2022ー史料で辿る足跡」の紹介記事が掲載されました。

 この「新選組展2022~史料から辿る足跡」は、京都文化博物館と共同企画で開催されます。福島会場は福島県立博物館で7月23日~9月19日まで開催。
※京都会場は、京都文化博物館。10月1日~11月27日まで。

 勇武館道場は、8月28日の午後、近藤勇達が遣った天然理心流の組み太刀の形を演武します。

 近藤勇達試衛館一門は文久3年2月、十五代徳川将軍上洛の警護に参集した浪士組の一員として入京、後、新選組を結成。会津藩の預かりとなり、幕府と一体となって朝廷を守護奉り、尊皇攘夷達成の為、命を懸けて荒れた京地の治安を守りました。

 また新選組は、西欧列強の開港圧力、倒幕派西国雄藩浪士に脅かされながら京地に在って一橋家、会津藩、桑名藩と協力しながら国家の発展と安寧を願い、徳川幕府を支えました。

 今回、新しく発見された数々の資料から、徳川幕府が産業革命が進む西洋の実情を勘案し、日本国の将来について、先進な取り組みをしつつあった姿を見ることが出来ると思います。

大変興味のある「新選組展2022ー史料から辿る足跡」です。ぜひ、お運び下さい。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA