令和3年4月25日、会津若松ライオンズクラブ主催の近藤勇墓前祭に出席しました。

   いらっしゃいませ!   ようこそ!

    ~ Isami    Cafe ~ 

   本日のコーヒーは、「KIBO キリマンジャロ」です。

   世界の名品、キリマンジャロは、その甘い酸味と心地よい
   フルーティーな香りが、多くのコーヒーファンを虜にしています。
   KIBOキリマンジャロは、名峰キリマンジャロの中腹、KIBO山
   で産出されるタンザニアコーヒーの王様です。

         どうぞ、ごゆっくりお過ごし下さい。

 4月25日、会津若松 天寧寺で行われました、会津若松ライオンズクラブ主催の近藤勇墓前祭に出席しました。

近藤勇

 会津若松ライオンズクラブ様には、もう50年ほど前から、毎年、近藤勇の命日である4月25日に墓前祭を執り行って頂いております。

 生家子孫として大変嬉しく、心より感謝しております。誠に有り難う御座います。

 今年も晴天に恵まれ、多くの方々がご参列下され、ご住職の厳かな読経の中、心のこもったお焼香をいただきました。

 また、会津若松ライオンズクラブ会長の佐藤様より、慰霊のお言葉を頂戴し、近藤勇の喜びもひとしおだったと思います。

 昨年は、コロナウィルス感染予防の為、参加出来ず大変残念でしたが、今年はご無沙汰をお詫びし、手を合わせ、頭を垂らし、

安らかな日々を過ごされるよう、お祈りしました。

 目をあけて、墓石の戒名を読みますと、心が安堵したのを覚えました。勇とのテレパシーが通じたのでしょうか。

鶴ヶ城
鶴ヶ城に懸る満月

 今回は時間に余裕がありましたので、会津戦争ゆかりの各地を訪ねる事が出来ました。
 名城鶴ヶ城。無念の開城式を行った前庭。満月を背にライトアップされた鶴ヶ城。

戊辰戦争で焼失し、復元された会津藩校。今も納得「什の掟」の教育指針。
 自刃した白虎隊士、悲劇の飯盛山墓地。今日もお花とお線香が絶えません。 

 戊辰の戦争を無事にくぐり抜けた、会津松平氏庭園「御薬園」。歴代藩主がこよなく愛でた庭園をゆっくり楽しんでから、御茶屋御殿の茶室で御抹茶を一服いただいていると、なんと! 目の前を京都守護職松平容保公が近藤、土方を伴って談笑しながら「心宇の池」畔を散策している姿が一瞬見えました。まさか!夢か!幻か!。はっ!としてよく見ると、池の中を一組のオシドリが仲良く食事中でした。やっぱりね。逢いに来たくれたのです。 嬉しい!

 どうも未だ、大河ドラマ「新選組!」、斉藤一役オダギリ ジョーのイメージが今も残っていてね。藤田家菩提寺の阿弥陀寺。会津戦争最後まで会津藩の恩義に応えんと西軍と戦い抜いた斉藤一。正に会津士魂の塊。新選組第3位の人気。いいね。

 帰りの車中、ウトウトしてますと近藤の声が。「来年もなっ。待ってるよ! おぉっと、これ持って帰れやっ」と薄皮饅頭。クスッと、うれしい一人笑い。和らいだ気持ちが胸いっぱいに広がりました。

 来年も近藤、土方に会いたい。天寧寺で。

 新選組ファンの皆様。近藤勇ファンの皆様、ぜひ、ご一緒に。 ひと声 掛け合って、よろしく。

 会津若松ライオンズクラブの皆様、今年も大変お世話になりました。誠に有り難う御座いました。

 どうぞ、これからも変わらぬご交誼を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

Share This!

About 宮川清蔵

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA