令和2年11月9日~11日迄、厳島神社・出雲大社にお参りしてきました。

 いらっしゃいませ!  ようこそ!

  ~ Isami   Cafe   ~    へ

 本日のコーヒーは、「モカレケンプティ」です。

 モカコーヒーは、すべてアラビカ種でエチオピア
 が原産地。アラビア人広めたことから、「アラビカ」
 と呼ばれるようになりました。
 このモカレケンプティも、エチオピアを代表する
 コーヒーで、フルーティな香り、甘い酸味は日本人
 にとても好まれています。
 
      どうぞ、ごゆっくりお楽しみ下さい。

 今回、11月9日~11日迄、コロナが心配でしたが感染防止策を整え、念願叶って2泊3日、厳島神社・出雲大社へお参りの旅をしました。

 9日 安芸の宮島 厳島神社へ。

御朱印

厳島神社は、昔から神の島として崇められていて、社殿は海水の差し、引きするところに建てられた由。平家一門、とりわけ平清盛の信仰が厚かった神社。朱塗りの神殿が海に浮かび、なんとも美しい。平家一門の想いを今も感じます。見たかった海中の大鳥居は補修中で、シートに覆われていて、残念。

厳島神社の隣、高台の石段を登ると、豊臣秀吉が天正15年(1587年)、戦国武将を弔う為、安国寺恵瓊に命じて建立した重要文化財の「千畳閣」があります。秀吉もまた、神聖で、風光明媚なこの地に名を留めて置きたかったのでしょうか。 ぜひ ご一見を。

 10日 午前早く、平和記念公園を散策。原爆ドームは補修中。平和記念資料館を見学。戦争は悲惨、二度と繰り返してはいけないと、手を合わせ、戦没者に黙祷しました。

 ここから、元安川に架かる平和大橋を渡ると左手に全日空ホテル。ここは、かって安国寺恵瓊が文禄三年(1594年)に創建した、国泰寺が在った所です。(旧国泰寺は爆心地に近く、8月6日に全焼全壊)

国泰寺(現在)
近藤勇

 今から、155年前の慶応元年(1865年)11月16日、近藤勇、伊東甲子太郎達新選組の一行は、前年の元治元年(1864年)7月にあった禁門の変(蛤御門の変)の戦後処理の為、派遣された幕臣の永井尚志等の訊問使に随行して、広島 国泰寺に到着。長州藩代表と戦の処理について会談しています。

 近藤勇は長州藩の下心を見抜き、京へ戻ると直ぐ会津公へ今回の会談について、長州側は、代表は身分低い者達、差し出した責任者の首は偽者、幕府に従う気は無く、軍備を整えつつある事、また、幕府側は戦意が低く戦は出来ない事などを報告しています。会津公は大変心配されたいたようです。
 やがて起こった、第二次長州征伐の戦は幕府側の実質的な敗北で、以降 歴史の一大転換が始まりました。

 今回の広島旅行は丁度、155年前、近藤達が広島に滞在した日取りに近く、不思議なご縁を感じました。

午後は、出雲大社へ。

出雲大社神殿
御朱印

 今年1月、「出雲と大和展」を観ておりましたので、大変興味がありました。古代から1300年、脈々と継承されている日本の歴史を体感出来る出雲大社。日本書紀にも記されている、「國譲り」など大国主命が関わる多くの神話、どれでもが1300年の時を経た今も、この地に生きていると実感します。不思議な気持ちです。

 全国の神さまが御座す出雲大社は、神秘的で荘厳そのもの、全身が圧倒されそうで、身が引き締まりました。家内安全、勇武館門人の安全、武技向上を心より願い、手を合わせ、頭を垂れました。 身体の力みが消え、清々しさが身辺をつつみました。

 神殿、神楽殿の大きく太いしめ縄に感心し、「因幡の白兎」神話にまつわる大国主命と白兎の像も微笑ましく、心も和みました。

11日 玉造温泉では、縁結びの神さまとして人気の玉作神社に参拝。

 玉造温泉の開湯は、はるか昔の天平年間。湯効は記されていて、神々もここで湯浴みして身体を清め出雲大社へ詣られたいたとの事です。今朝は、うれしいパワースポット 玉作神社の参拝からスタート。

 足立美術館は人気の庭園から。創健者の足立全康氏が「庭園もまた一幅の絵画である」とし、1970年(昭和45年)の開館以来、庭園ずくりにも、力を注がれ、訪れた方々を魅了しています。 本当に素晴らしい! 感動しました。

足立美術館入口
レストラン

 館内には、横山大観、川合玉堂、上村松園等の名画が多数展示されていて、ゆっくり鑑賞出来るのもうれしい。

 倉敷は美観地区を散策。

 白壁の家並み、掘り割りは往時を偲ばせ、気持ちが安らぐ。倉敷紡績の跡地はショッピングモールに変身、若い人達で賑わっていました。横道に入ったバック屋さんで、名品の倉敷帆布の品のいいトートバッグを買いました。

 今回も2泊3日、欲張りの急ぎ旅でしたが、日本書紀の神代から、平安時代、戦国時代、江戸、明治、昭和迄。大国主命から清盛、秀吉、近藤勇迄。歴史的人物、建造物に接し、また、近藤勇達新選組ゆかりの地を巡る事が出来、心に残る楽しい旅でした。

岡山空港から羽田へ、夜遅く無事に我が家に到着。

Share This!

About 宮川清蔵

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA