令和元年11月10日、勇武館は初めて、秩父神社にて天然理心流の奉納演武をさせていただきました。

いらっしゃいませ! ようこそ!

     ~ Isami   Cafe ~ 

 本日のコーヒーは、ペルーマチュピチュです。

 マチュピチュは、アンデス文明最古の国家 インカ 
 帝国の遺跡で、海抜2400mの高地にあります。
 等級はG1、後味はフルティーでフローラの香り、
 スッキリした味わいでほのかな甘みが特徴です。

         どうぞ、ごゆっくり。

 11月10日、無双直伝英信流 和楽会 杉浦先生のお招きをいただき、勇武館は初めて秩父神社にて天然理心流の奉納演武をさせていただきました。

 丁度この日は、令和天皇即位祝賀パレードが行われ、晴天のもと沿道には、大勢の観衆がつめかけ、お祝い申し上げました。

   秩父神社は、由緒によれば崇神天皇の御代に知知夫彦命がご創建されたとの事。本殿などは極彩色に彩られた彫刻で覆われた豪華なつくりです。社殿は、戦国時代焼失しましたが、天正20年(1592年)、徳川家康公が大旦那となって再建され、現在に至っています。

 毎年12月3日の夜に行われる秩父夜祭りは全国的に有名です。また、府中の大國魂神社とは、深い繋がりがあり、両社の暗やみ祭りには相互に御神輿が参加されています。

 興味深いのは、ご本殿西側にお元気三猿「よく見て・よく聞いて・よく話す」の元気な姿で彫刻されています。

 午前9時30分より、ご本殿にて正式参拝の後、参加者全員の記念写真。演武会場の神楽殿に移動、和楽会 片平先生による四方祓いの神事をいただき、各流派の演武が始まりました。

 この晴れがましい舞台で、私共勇武館も精一杯、心を込めて天然理心流の演武を行いました。

   各流派の素晴らしい 演武を目の当たりに拝見し、あらためて武道の限りない奥深さを勉強しました。これからも一層の精進に励めとの力をいただきました。

 本日の秩父神社奉納演武会は、勇武館にとってこれからも、忘れられない貴重な一日となりました。

 秩父神社と天然理心流勇武館とのご縁は、なにか見えない糸で結ばれているのを感じました。大國魂神社と近藤達との堅いご縁が後押ししてくれてのでしょうか。

 この演武会にお招きいただきました、無双直伝英信流 和楽会の杉浦先生、各流派の先生方、関係者の皆様に心より御礼申し上げます。誠に有り難う御座いました。

 私共一同、不調法者揃いでは御座いますが、来年もぜひ、ご一緒させていただきたく、宜しく、お願い申し上げます。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA