令和元年11月3日、第32回 全日本刀道連盟全国大会で、勇武館は天然理心流の披露演武を行いました。

 いらっしゃいませ! ようこそ

   ~Isami Cafe~ 

 本日のコーヒーは、ケニア Nyeri(ニエリ)です。

 クリーンなカップで特徴的な酸味が広がった後、チョコレート、
 アーモンドの風味が感じられる美味しいコーヒーです。

          どうぞ、ごゆっくり!

11月3日、日野市民の森ふれあいホールで、第32回 全日本刀道連盟全国大会が開かれ、勇武館は天然理心流の披露演武をさせていただきました。

 全国より参加された、各流派の剣士により、日頃ご精進された 抜刀の技を競われました。真摯に技を披露される剣士達の姿を拝見し、技もさることながら「心」を練る大切さを目の当たりにし大変 、参考になりました。

 今年は、勇武館も2名の門人も個人戦の抜刀に挑戦しました。私共、勇武館もようやく門人が、このような大きな大会に参加出来るようになり、嬉しいですね。これからも一層の精進に励み、来年も臆することなく競ってもらえるよう、期待の膨らむ大会でした。

 天然理心流は、木刀 表の形、中極意目録の形、中極意陰撓 の形をそれぞれ演武致しました。ぴぃーんと張りつめた会場での演武で、緊張感も高まりましたが、稽古で培った組み太刀を無事に演武出来、ホッとしました。

 他流派の演武を拝見しながら、来年は大会に参加出来る門人を増やし、全国の剣士の皆さんと交流を深めたいとの意を強く感じました。宜しく、お願い申し上げます。

 演武が終わっての記念写真、いつもと違って、やや緊張感が見て取れますね。気の張り通しの一日でした。

 本日は、全日本刀道連盟会長 中澤先生、車先生をはじめ関係者の皆様に大変お世話になりました。誠に有り難う御座いました。

 来年も、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA