平成30年12月24日、今年、納めの筑波山に登りました。

12月24日、平成30年の納めの筑波山に登って来ました。

先ず、筑波山神社にお参りし、今年一年、無事に過ごせました事、心から感謝を申し上げました。

 筑波山の登山路は、所どころにパワースポットがあり、辛い登りもちょっと立ち止まり、手を合わせると不思議に力が湧いてくるのを覚えます。

春夏秋冬、山の装いは変わりますが、葉の落ちた梢でさえずる野鳥の声さえ、励ましの声に聞こえて嬉しいですね。

 頂上から見下ろす関東平野は、実りの秋を終え全く静かに骨休みをしています。遠く上信国境の山々は雪雲に覆われていましたが、日光・那須連峰は強い北風を受け快晴、ここ筑波山は吹き抜けるからっ風が舞っていました。

 筑波山神社もすっかりお正月を迎える準備を整え、随身門には「謹賀新年」の文字も据えられ元旦を待っていました。

 勇武館門人の天然理心流を修めんとする気力は旺盛で、今年も無事に稽古が出来ました事、誠に嬉しい限りです。

 平成31年は、春より新元号に変わります。大きな期待がこみ上げて来ますね。

 勇武館をよろしく。 勇達も楽しいのでしょう、今日あるのを。

 来年もきっと応援してくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA