平成30年12月1日、勇武館は真剣による据え物切りの稽古を行いました。

 12月1日、勇武館道場は今年4回目の、真剣による据え物切りの稽古を行いました。

 門人達も、定期的に行う抜刀の稽古に慣れてきた感じです。力みも無くなり、真剣に対する冷静な心遣いが感じられます。少しだけ成長したのでしょう。

勇武館の据え物切りは、斬れた、斬れなかったも大事ですが、もっと高い精神力を求めて稽古してます。澄み切った心で据え物を捉えて下さい。

近藤達が遣った剣は、 「大義」 を守る高潔な剣でしたから。

           初心 忘るべからず  です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA