平成30年11月25日、二荒山神社バンバ広場にて演武を行いました。

11月25日、宇都宮二荒山神社大鳥居バンバ広場にて、天然理心流勇武館、無外流居合鵬玉会、北辰一刀流玄武館の合同演武会が行われました。

 戊辰150年、節目の今年は、宇都宮市、宇都宮教育委員会の協賛をいただいての大演武会となり、多くの市民の方々にお運びいただきました。

 150年前の慶応4年4月、宇都宮城争奪戦時、ここバンバ広場は、土方歳三率いる新選組、大鳥圭介率いる幕府伝習隊が本陣を置いて戦いました。

 幕府軍は善戦するも、土方は足に銃弾を受けたりで、戦いは利あらず、今市へ退き、日光から六方沢を露営しながら、大笹峠、西会津を経て鶴ヶ城へ向かいました。

 バンバ広場のすぐ近くの六道の辻には、この戦いで殉難した幕府軍兵士を祀る慰霊碑があり、地元有志の方々にお守りしていただいたおります。

 私共も往時を偲びながら、この地で貴い命を無くされた幕府軍兵士達に、心安かれと祈りながら、演武をさせていただきました。

 今年も、二荒山神社、宇都宮市、宇都宮教育委員会、地元商店街の皆様にお力添えをいただき演武が出来ました事に、心から御礼申し上げます。誠に有難う御座いました。

 また、次の機会もぜひ、ご当所にて演武が出来ます様、よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA