平成30年9月19~20日、箱根へ旅行しました。

9月19~20日、3年ぶりに箱根へ旅に出ました。

 天気も上々、幸先のよいスタート。

 東海道箱根の関所は、近藤、土方達が新選組隊士募集で何度か上り、下りしたところです。

 多忙な二人は、のんびり湯に浸かっている暇はなかったと思いますが、妙に懐かしいです ね。

 先ず、岡田美術館を参観しました。同館は2013年10月に小湧園で開館しました。名誉館長、岡田和生氏が蒐集した日本、東洋の美術品が多数公開されています。箱根に行かれる方は、ぜひ「美」と出会う楽しさを堪能して下さい。

 箱根駅伝のコースを湖畔に下り、箱根神社に参拝しました。神社は関東総鎮守、箱根大権現と尊崇されており、心願成就、開運厄除けの神徳の高い神社として、最近は老若男女に絶大な人気スポットです。私も、天然理心流の伝承と発展を担う勇武館へのお力添えを祈願しました。

 忙しい近藤達も一寸足を延ばして、お参りした事でしょう。石段から見下ろす芦ノ湖や、山なみは往時と変わらぬ景色で、なんとも云えぬ親しみを憶えました。

 翌日は、あいにくの雨、仙石原から桃源台、ロープウエイで大涌谷。温泉黒玉子をいただき、早雲山、強羅、箱根湯本へ下り、小田急線で北千住まで一直線。急ぎ旅でしたが、楽しい旅でした。

 帰りの車中、ふと、募集した新隊士を引き連れて、天下の険を越え、動乱の京へ急ぐ近藤や土方達の心境に触れた思いを感じました。

 箱根路は、近藤達の足跡にも触れる事の出来る、懐かしい所。いつ来ても。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA