平成30年4月25・26日、米沢・会津 近藤勇墓前祭に参列しました。

 4月25日、米沢の高国寺、会津の天寧寺で行われました、近藤勇の墓前祭に参列した参りました。

 4月25日、山形米沢の高国寺、会津天寧寺にて執り行われました、近藤勇没後150年墓前祭に参列して参りました。

 まず、山形米沢の高国寺に参り、近藤勇の首塚にお焼香致しました。

 高国寺では、ご住職様をはじめ、檀家の皆様が勇の首塚を懇ろに御守りして下さっています。近藤勇生家子孫として、大変嬉しく、心より感謝申し上げております。

 江戸から遠く離れ、まだ谷あいには残雪も見うけられる、春浅い山形庄内の地で眠る、近藤勇の武骨ながら、心からの感謝の気持ちを強く感じました。有難う御座います。

 午後は、会津天寧寺にて執り行われました、近藤勇没後150年墓前祭に参列しました。

 天寧寺ご住職の厳かな読経が続く中、会津若松市長様、会津若松ライオンズクラブの皆様、関係者の皆様、ファンの皆様大勢のご出席をいただき、御焼香を下さいました。

 今年は戊辰戦争150年の節目の年でもあり、土方歳三とも縁の深い会津にと、土方歳三資料館土方愛館長もお運びいただき、ご挨拶をいただきました。

 見る事が出来なかった会津の地で、この様な心からの慰霊祭を賜り、さぞかし近藤勇も、嬉しかったでしょう、温かい大きな手を私の肩にかけ、何度も頷きながら喜んでいる気配を感じました。

 新選組と会津藩、松平容保公と近藤勇の絆が、より深まった一日となりました。天寧寺のご住職様、会津若松ライオンズクラブの皆様、会津若松市の関係者の皆様、新選組フアンの皆様、本日は誠に有難う御座いました。どうぞ、これからも宜しくお願い申し上げます。

 翌26日は、松平家の墓所にお参り、県立博物館にご挨拶申し上げ、阿弥陀寺の斎藤一墓所に御参りし帰宅しました。

 毎回、や々駆け足気味になりますが、米沢、会津との御縁が深まり、清々しい気持ちになれるのは、近藤達の心が安らいでくれるからでしょうか。また来年も御参り出来るのが楽しみになりました。

 皆様、どうぞ、宜しくお願い申し上げます、有難う御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA