平成29年11月5日、第30回 刀道全国大会に於いて、勇武館道場は天然理心流を演武させていただきました。

11月5日、第30回刀道全国大会に於いて、勇武館道場は天然理心流の演武を行いました。

 11月5日、全日本刀道連盟主催の第30回刀道全国大会が日野の東京至誠館道場にて開催されました。

 当日は、快晴に恵まれ連盟傘下の全国の道場より大勢の剣士が参加され、日頃の稽古で培った妙技を披露されました。

 剣士の皆さん、いずれも甲乙つけ難い技でしたが、車邦秀師範をはじめ審判の先生方の厳正な審査により勝敗が決して行きました。

 次の機会には、勇武館道場からも指導部推薦の門人を出場させたいとの思いが募りました。

 緊張する決勝戦の前、勇武館道場は天然理心流「木刀表の形、中極意陰撓の形」をご披露させていただきました。

 全国大会に参加されました刀道連盟傘下の剣士の前で演武出来ました事は、誠に光栄でこれからの精進の糧にとなりました。

 来年の大会にもぜひ私共、勇武館道場が栄えある演武が出来ます様、全日本刀道連盟中澤会長先生、車邦秀先生のお力添えを賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

 本日は、誠に有難う御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA